東向きと西向き、どっちがいいの?

東向き

【朝日を浴びて目覚めたい】

毎日、朝日が差し込み、さわやかに目覚めることができます。朝から気持ちもポジティブになります。

【午前中に家事を済ませられる】

朝早めに活動を開始し、洗濯物などの家事を午前中に済ませ、午後はお買物や趣味の時間にあてることもできます。

【夏場は涼しい】

西向きの部屋に比べると東向きの部屋は涼しくなるでしょう。それは、午後の熱い時間には強い日差しが入ってこないからです。また、家具や家電などの日焼けによる色褪せも抑えられます。

西向き

【日が当たる時間が長い】

日の当たる時間が長いので、暖かい日は洗濯物を2回に分けて干すこともできます。また、休日にゆっくりしたい日には、お昼過ぎから洗濯物を干しても乾かすことが出来ます。

【冬でも暖かい】

冬になると西向きの部屋は奥まで差し込むことが多いので、冬でも暖かいです。ぽかぽかした部屋で昼寝も楽しめますよ。(笑)暖房費も節約できますね。

【きれいな夕日を愉しめる?!】

晴れた日の夕焼けの空と夕日は、見慣れた景色が素敵な景色に変わります。夕焼け空を時計代わりに夕飯の準備をはじめるなんてことも出来ますよ。

ワンポイント! ライフスタイルに合わせて部屋の向きを考えよう

一般的に物件の価格や家賃は南向き>東向き>西向き>北向きの順に安くなっていきます。絶対南向き!!と決めつけてしまわず、自分のライフスタイルに合わせて、東向きや西向きを検討してみましょう。朝からしっかり活動したい人は東向きがおすすめですし、休日に洗濯物をまとめて片付けたい・ぽかぽかするお部屋が理想という人には西向きのお部屋を選択肢に加えてみると、今よりもずっと理想の部屋に出会えるかもしれませんね。

ピタットハウス お役立ち情報
売り方マニュアル