低層階と高層階、どっちがいいの?

低層階

【外に出やすい】

低層階の魅力は外へ出やすいということです。特にベビーカーを使う子育て世代にとっては外への出やすさは譲れないポイントではないでしょうか。

【1階では専用庭を持てることも?!】

 1階の場合は専用庭があるマンションもあります。マンションに住んでいながら戸建感覚が味わえますね。ときに1階は防犯面が気になると言われる方もいますが、一戸建の殆どが1階ということを考えると、防犯面を考える際には1階と言うことだけで決めつけてしまわないほうが、お部屋探しの選択肢が広がるのかもしれません。

【非常事態の際のライフラインの確保がしやすい】

気をつけたいのが地震等の災害時に停電や断水が発生した場合、エレベーターが止まり、ミスや生活必需品を部屋まで運ぶのも低層階の方が断然有利となるでしょう。

高層階

【眺望がよく、開放感がある】

高層階の魅力は何と言っても部屋からの眺望の良さでしょう。また、窓の外からの景色に隣の住宅など邪魔するものがないことが多く、周囲の視線を気にしないでいいという開放感があります。

【日当たり・風通しが良い】

窓の外が抜けていることが多い高層階は日当たりがよく、明るいお部屋が多いようです。また、風通しが良いことが多く、夏などはエアコン要らずなんていうお部屋もあるようです。

【資産価値が高い】

高層階は低層階に比べると人気があります。そのため、もしもの時には売りやすく、貸しやすいと言えるでしょう。同じマンションでも階数が高くなるほど資産価値も上がって生きます。

ワンポイント! 
階数選択の際は、日々の暮らしともしもの時のシュミレーションを

物件の価格・家賃は階数に比例して高くなるのが一般的です。『高層階で開放的な暮らしをしたい!』と思っていても、実際に暮らし始めると、『毎日のエレベーターがおっくう・・・』という方もおられます。大きなマンションであれば、スカイラウンジなどの設備があり、低層階に住んでいながらも素敵な夜景を味わえることもあります。予算と暮らし方を考えて階数は選びたいものですね。

ピタットハウス お役立ち情報
売り方マニュアル