資金計画、いくらの物件が買えるの?

初めてのマイホーム探しのお客様から必ず質問を受けるのが、物件の購入可能金額について。ここでは、現在の年収・支払っている家賃から借入可能額を考え、最終的には『いくらの物件が買えるのか?』という、購入可能金額について算出してみましょう。

STEP1. 毎月の返済額早見表

 最近では銀行のホームページなどで気軽にローンのシュミレーションが出来ますが、もっと分りやすくイメージしてもらうために毎月返済額・返済期間・借入額をカンタンな表にしてみました。

※ 金利2.0%、返済期間35年までで計算しています。

毎月返済額 返済期間
20年返済 25年返済 30年返済 35年返済
5万円 989万円 1,180万円 1,353万円 1,510万円
6万円 1,186万円 1,416万円 1,623万円 1,812万円
7万円 1,384万円 1,652万円 1,894万円 2,114万円
8万円 1,582万円 1,888万円 2,165万円 2,415万円
9万円 1,779万円 2,124万円 2,435万円 2,717万円
10万円 1,977万円 2,360万円 2,760万円 3,019万円
12万円 2,372万円 2,832万円 3,247万円 3,623万円
14万円 2,768万円 3,303万円 3,788万円 4,227万円
16万円 3,163万円 3,775万円 4,329万円 4,831万円
18万円 3,559万円 4,247万円 4,870万円 5,435万円
20万円 3,954万円 4,719万円 5,411万円 6,039万円

この表を参考に、『今の給料でいくら借り入れが出来るのか?』『毎月の返済可能額からいくら借り入れが出来るのか?』を考えてみましょう。

STEP2. 今の給料から借り入れ額を算出

 税込年収に占めるローン返済額の割合を返済比率といいます。一般的には返済比率は25%以内が無理のない返済と言われています。

 たとえば、月32万円の給料の人はその25%、すなわち毎月の返済額8万円が無理のない返済額ということなります。

 そこで上記の表にあてはめてみると、返済期間が30年であれば借入可能額が2165万円となるわけです。

 ただし、ここで算出された借入可能金額は、あくまでも返済比率25%から考えた金額なので、それぞれの現在の家計の状況に照らし合わせて返済額から借入可能金額を算出することをおすすめします。

STEP3. 毎月の返済可能額から借り入れ額を算出

 マンションの購入を考えている場合は、毎月の返済以外に管理費・修繕積立金の支払いが生じます。

 そのことを考えると、現在支払っている家賃から管理費・修繕積立金を除いた金額が毎月の返済可能額の目安となります。ちなみに、管理費・修繕積立金はマンションによって異なりますが平均2万円前後です。

 現在のお住まいで家賃を毎月12万円支払っているのであれば、毎月の返済可能額は10万円となり、上記の表にあてはめてみると返済期間を35年で考えれば借入可能額が3019万円となるわけです。

※ 購入後は賃貸物件とは違い毎年、固定資産税・都市計画税を支払うこととなります。上記の毎月の返済額以外に税金のことについても考慮しておくことをおすすめします。

STEP4. 借入可能額から考える、購入可能な物件価格は?

 購入可能な物件価格を考える際には、上記のSTEP2、STEP3で算出された低い金額で考えることをおすすめします。その金額に、購入の際に充当しようと考えている頭金を加算したもの、それが単純に購入可能な物件価格となります。

 ただし、ここでも注意しなければいけないのが、不動産を購入するには別途諸費用がかかるということ。新築物件の場合であれば物件価格の3~6%、中古物件であれば6~10%が目安となります。頭金の他にこの諸費用を準備する必要があるということを資金計画の中にも入れておく必要があるでしょう。

 このあたりで頭が混乱してきたかたもおられると思いますので、今までの内容を簡単にシュミレーションしたい方はこちらから!【いくらの物件が買えるの?ピタットハウス西宮北口店】

STEP5. 最後に・・・

 購入する物件の価格は、いくら借り入れができるのではなく、月々の返済額はいくらなら無理なく支払えるかを軸に決める必要があります。また、同じ年収でも『旅行にお金をかける家庭』『教育にお金をかける家庭』など生活スタイルは様々。10年後・20年後のライフプランをしっかり見据えて無理のない資金計画を考えましょう。

ピタットハウス お役立ち情報
売り方マニュアル